私は、娘に中学受験をさせた事があります。娘も、友達が同じく進学を考えていると言うこともあって一緒に勉強をする日々が続いていました。娘の成績は、友達よりも悪くクラスでも順位は半分ほどであり、頭がいいと呼べるほどではなかったために悩んでいました。

そういう事もあって、塾に通わせることになりましたが、初めは娘も反対していました。自分で勉強をする事が好きな娘ですが、一向にも成績が伸びないと確信したための決断でした。

しかし、中学受験はそう甘い物ではないために勉強をせずに受かると言うのは不可能に近いわけです。その為に、中学受験の厳しさを知ってもらうためにも娘には塾に行ってほしかったのです。

そして、娘も次第にその重大さに気づき塾に通っていき、塾でもいくらかの友人を作り自分が干渉しなくても進んで塾に行くようになったために少し進歩したなと思いました。

受験当日になると、私も面接に参加する事となりましたが非常に緊張しました。結果としては、努力の甲斐もあって合格する事となり友達も合格していたと言う事もあって非常に喜んでいました。塾に行かせた甲斐もあって、合格することができたのですが認めるべきことは娘の努力だと思いました。

Comments closed.