振り返りますと我が家の中学受験は、小学校入学のころより親、本人ともに決めていたように思います。しかしせっかく入学した小学校で学校生活を楽しんでほしいという気持ちもあり、本格的に中学受験の準備をスタートしたのは小学4年生の春からでした。

毎日の塾や習い事生活に何度も何度もつまずきあきらめかけたことも何度もありましたが3年間の受験生活を継続し続けました。その中でも志望校選びは子供の意志と現在の実力を考え真剣に家族会議を繰り返し決めました。自分の実力ギリギリのハイレベルなところを受験してもその後ついていけなくなっては意味がないと考えたためです。自分の実力に見合ったところで学び学業以外にも学生生活の時にしかできない経験をたくさんしてほしいという思いからわが子にぴったりの学校を見つけるため学校説明会にもたくさん行きました。説明会ではパンフレットだけではわからない校風や教員の雰囲気などを知るその目でことができます。無事志望校に合格して毎日笑顔でイキイキとその日の授業やお友達との話をする姿を見ていると中学受験中の3年間が子供を成長させ今の恵まれた環境があるのだと思いました。家族で真剣に中学受験に取り組んで本当に良かったと思っています。

Comments closed.